腰痛 ようつう

「腰痛」とは、脚に痛み・しびれ・脱力を伴う等、背骨の中にある神経が圧迫されて症状を起こしていることがあります。 原因が様々ですので、正しい対処を早期にとることで症状の悪化を防ぐことができます。日増しに痛みが強くなる場合などは、早めに受診する事をお勧めします。

原因

腰痛の原因は様々です。脚に痛み、しびれ、脱力を伴う等の際は、背骨の中にある神経が圧迫されて症状を起こしていることがあります。 代表的なものは、腰椎が直接障害される圧迫骨折や、椎間板ヘルニアや腰部脊柱管狭窄などがありますが、その他、細菌感染やがん・臓器や血管などの病気が原因であったり、生活習慣・ストレスや不安・不眠など心の状態が影響していることもあります。

治療

腰痛に対する検査では神経や骨の状態を診ることがほとんどです。それらの検査で異常がないとすれば、 検査ではほとんどわからない関節の動きの悪さや、筋肉の緊張などが痛みの原因となっている可能性があります。 その場合はリハビリの専門療法士に筋肉や関節の動きをチェックしてもらうのが良いと思います。  一般には湿布などの貼付剤や痛み止めの内服薬などの消炎鎮痛剤と呼ばれるものが最も多く使われています。 他には、神経や血管の働きを良くするビタミン剤や、筋弛緩剤などが多く使われています。