生活習慣病 せいかつしゅうかんびょう

「生活習慣病」とは、生活習慣が原因で起こる疾患の総称で、重篤な疾患の要因にもなります。

食事や運動・喫煙・飲酒・ストレスなどの生活習慣が深く関与し、発症の原因となる疾患の総称です。
日本人の三大死因であるがん・脳血管疾患・心疾患、更に脳血管疾患や心疾患の危険因子となる動脈硬化症・糖尿病高血圧症脂質異常症などはいずれも生活習慣病であるとされています。
生活習慣病の多くは、発病してもかなり進行するまで自覚症状がほとんど現れないという共通点があります。そのため健康診断などで生活習慣病のリスクを指摘されたり、さらには検査結果が病気の診断基準に達するほどの異常値であっても、それを自覚しにくいものです。 よって予防や治療というアクションを起こせない、または起こさない人が少なくありません。

一無、二少、三多で生活習慣病を予防

一無(いちむ)「無煙・禁煙の勧め」
 
二少(にしょう)「少食・少酒の勧め」
 
三多(さんた)「多動・多休・多接の勧め」