骨粗鬆症 こつそしょうしょう

骨粗鬆症とは、骨の強度が低下して、骨折しやすくなる骨の病気です。
日本には約1000万人以上の患者さんがいるといわれており、高齢化によりその数はさらに増加傾向にあります。

症状

骨粗鬆症になっても、痛みはないのが普通です。しかし、転ぶなどのちょっとしたはずみで骨折しやすくなります。
骨折しやすい部位は、背骨(脊椎椎体)、脚の付け根(大腿骨近位部)、手首(橈骨:とうこつ)、腕の付け根(上腕骨)などです。
圧迫骨折を生じても、単なる腰痛として見過ごしていたり、痛みを感じない場合もあります。 しかし、1ヵ所を骨折すると、その周囲の骨にも負担がかかり、連鎖的な骨折につながりやすいため、早期発見・早期治療がとても重要になります。
 
圧迫骨折とは、
背骨が体の重みで押し潰れてしまうことにより生じる骨折です。
背中や腰が曲がるなどの原因となります。

原因

骨は、新たに作られることと、溶かして壊されることを繰り返しています。(骨形成と骨吸収)
骨粗鬆症とは、この二つのバランスが崩れることで骨がスカスカになってきます。
原因としては、ホルモンの病気、ステロイドなどの薬によるものもありますが、多くは加齢によるものとされています。
特に女性(閉経後の女性)に多くみられ、女性ホルモンの減少や老化と関わりが深いと考えられています。
骨を健康に保つことは健康寿命を延ばすことにもつながるため、早めの対処が大切です。40代以降の方は、一度検査をされることをオススメします。

治療・検査

超音波法で骨の量や成分(骨密度)を測定します。
かかとの部分を液体の入った袋で挟んで超音波を出して測定します。
座っているだけで、痛みもなく数分で終わります。
身体には何も負担をかけることなく、検査も時間がかかりません。 その場で検査結果をご説明します。
 
内服薬や注射などによる治療を行います。
 
ただし骨折している場合は、それに応じた治療が必要になります。