交通事故による外傷・むち打ち治療

交通事故によるカラダへの影響は様々です。

交通事故による影響は、その事故の状況にもよりますが、むち打ち症や外傷により、骨・筋肉・靱帯・神経などに影響を及ぼし、痛みや痺れ、だるさなどの後遺症が残る可能性がございます。
 
交通事故によるむち打ちの症状は、レントゲン検査でも異常が認めらなくても、首が痛くて動かせない、頭痛やめまい、だるさや痺れなど、様々な辛い症状を抱えていることがあります。
 
まずは、事故にあわれたら早めに治療を開始し、痛みや機能障害、二次傷害などへの予防につなげることが大切です。
治療の効果を維持させるためにも、できるだけ間隔をあけずに治療を継続して行ないます。
そして、定期的に検査を実施し、症状等の変化を確認することが大切です。

事故後早い時期からリハビリテーションを始めることで、早期の改善を図ります。

交通事故にあわれた際に、その時に体の痛みや不調を感じなくても、数日経過してから症状が現れるといったこともあります。
症状を放置してしまうと、事故前の日常生活への復帰が遅くなることもあります。
交通事故にあわれた際は、早期の診断と治療が重要です。
当院では怪我や体の痛みなどの辛い症状を緩和し、なるべく早く社会復帰・早期回復できるようにサポートするために、理学療法や運動療法を用いて患者様一人一人にあったリハビリテーションを行なっております。

治療費について

交通事故の多くは自動車保険(任意保険)による支払いや加害者の自費払いとなり、原則、健康保険の対象外になります。(健康保険証使用しての保険会社払い(第3者行為)される場合は、手続きが必要になります。)
 
事前に保険会社から連絡があった場合、患者様の窓口負担額はありません。
当院に来院される前に、必ず当院へ通院する事を保険会社へお伝えください。
 
事前に保険会社から連絡がなかった場合は、患者さんご本人に自費で診療費・診断書料等をお支払いいただくことになります。
ただし、お支払い後に保険会社から連絡があった場合、ご負担いただいた治療費をお返しいたします。
 
加害者の自費払いの場合は、患者さま本人に立て替えて診察料をお支払いいただきます。
その際に領収書をお渡ししますので、患者さま本人から加害者へ請求してください。