医療の ド真ん中で 働く 私たち

看護助手 って どんな仕事?

 

看護助手のお仕事は、看護チームの一員として入院患者さんの退院にむけて、患者さんのお世話をしたり、医師や看護師のサポートをしたり、多岐に渡ります。
介助業務が、看護助手の仕事と言われているところが多いかもしれませんが、私たちそのような定義で働いていません。
確かに、入院患者さんの食事や入浴など介助業務はありますし、おむつ交換などの排泄介助などもあります。しかし、それらの目的は、入院患者さんの精神的な不安や日常生活行動の援助を行なうことで、退院に向けたサポートをすることです。一人一人の入院患者さんに、いかに寄り添えるか。一人一人の入院患者さんのことを思って、行動を起こせるか。それが、看護助手のお仕事の本質だと考えております。

看護助手 の やりがい

病棟の看護助手ってしんどそうで大変そう。そんなイメージをお持ちの方も少なくないかもしれません。
確かに、一人一人の入院患者さんのことを思って行動し続けるっていうことは、仕事中は緊張の糸が切れないですし、そう考えると決して楽ではないかもしれません。のんびり自分のペースで自分のやりたいことだけをする仕事を求めているような人には、合わないかもしれません。
しかし、仕事ってどんな仕事であれ、決して楽ではないと思っています。体力を使う仕事もあれば、頭を使う仕事。気を使う仕事もあれば、人が休んでいる時に働く仕事など様々。しんどいか楽かは、考えよう、捉え方次第なのかなと思います。
世の中には数多くの仕事がありますが、感謝される仕事って、本当に魅力的だと思いませんか。入院患者さんからやご家族さんから御礼のお言葉を頂いたり、また一緒に働く、医師や看護師からも頼りにされ、多職種連携で日々患者さんのために汗を流す。看護助手という仕事は、とても素晴らしい仕事だと誇りに思います。

看護助手として 医療人として

医療業界は、資格の世界とも言われています。医師免許を持った医師をはじめ、看護師、薬剤師、放射線技師、理学療法士、などそれぞれが国家資格を持ち、自分の持ち場の仕事を遂行している世界です。
その中で、看護助手には、国家資格がございません。国家資格が無くても、医療の中心で働くことができるのが、看護助手です。もちろん、医療の現場でできること・できないこと(やって良いこと・いけないこと)があります。できる行為に制限がある中でも、入院患者さんにとっては、とても身近な存在なのが、看護助手であり、様々な不安や悩みを打ち明けられたり、頼りにされたりすることが多いのが看護助手です。
特に、安藤外科・整形外科医院では、看護助手に求められている領域は、広いかもしれません。しかし、決して看護助手に任せっきりなんていうことではありません。逆に、看護師と常に連携してますし、色々と共有しつつ協働しています。業種間の垣根が低いのが、安藤外科・整形外科医院の特徴かもしれません。本当に看護師が看護助手を助けているし、看護助手が看護師をサポートしています。とても良い職場文化だと思います。みんなが入院患者さんのためにという共通認識で仕事をしているから、自然とそうなっていくのだと思います。
また、その領域をさらに高め広げていこうと、看護師を目指している意識の高いスタッフがいるのも私たちの宝です。働きながら学校に通い、とても大変な毎日をおくっている彼女たちを支えるために、勤務シフト等でみんなで調整したり、協力しています。
医療に携わる医療人として、人の役に立ちたいという気持ちや、思いやりのある人が、看護助手として活躍しています。