レスパイトケアという言葉を聞いたことは、ございますか?

レスパイトとは、「休息」「小休止」「息抜き」を意味する言葉です。
 
レスパイトケアとは、介護にあたるご家族様が一時的に介護から解放されるよう、代理の機関や公的サービスなどが一時的に介護等をおこなうことで、ご家族の皆様とご本人様がリフレッシュできる期間を作るさまざまな支援サービスのことです。
 
 

  

レスパイトケアの目的と効果。

 

レスパイトケアの一番の目的は、住み慣れたご自宅、地域で、自分らしく暮らしていくことです。ご自宅で生活を続けていくために、必要な時に必要なサービスを利用することです。
 
ご本人様がサービスを利用することで、その介護者であるご家族様は短期間とはいえども、介護から離れることができます。そのため、例えばこれまで夜間も介護をする必要があった方などの場合は介護を気にせずに眠ることで、体と心を休めることが可能になります。
特に老老介護である場合や仕事と介護を両立している場合など、介護者のご負担が大きくなりがちです。ご自宅で生活を続けていくためには、適時相応なサービスを利用し、精神的、身体的負担を軽減する必要があります。そうしなければ在宅で継続して生活していくことは、誰もがとても困難なものになってしまいます。必要なのは我慢ではありません。レスパイトケアは医療介護の制度の中で色々なサービスがございます。上手に利用していくことが必要なのです。
 
 
 

レスパイトケアは家族介護者のためだけのものではありません。

介護をおこなう家族は日々介護に追われることでストレスが溜まってしまうこともありますが、介護を受けているご本人様も様々な精神的な負担が生じていることがございます。介護を受ける側としても、家族に介護をさせてしまっていて申し訳ないというような「引け目」を感じている方にとっては、サービスを利用することでひと時でも外に出ることで、リフレッシュの時間となります。レスパイトケアは、在宅で生活を続けていくために、介護しているご家族の皆様ならびにご本人様の精神的、身体的負担を軽減することが目的なのです。
 
 
 

レスパイトケア のサービス一例

通所サービス 

日中の一定時間の間、施設内でさまざまな介護サービスの提供を行います。
 

 通所介護(デイサービス)

  食事や入浴、機能訓練といった介護サービスを受けます。
 

 通所リハビリテーション(デイケア)

  食事や入浴といった生活介護サービスだけではなく、可能な限り社会生活を行う機能の回復に重点を置いたサービス(リハビリテーション)を行ないます。
 
どちらのサービスも、日中の時間帯でのサービスが中心ですので、1日の数時間ではありますが、家族介護者の皆様が自由に使える時間を確保することができます。
 

ショートステイ

数日間、施設に入所して食事、入浴、リハビリ、レクリエーションなどを受けられるサービスのことです。
サービスを受けることができる施設は、特別養護老人ホーム・介護老人保健施設・サービス付き高齢者向け住宅・有料老人ホームなどです。介護保険を使って利用する特別養護老人ホームや介護老人保健施設に比べ、有料老人ホームは全額自費負担となるため、費用はお高くなります。
 

レスパイト入院

常に医療管理が必要な方を病院で一定期間受け入れるサービスです。治療や検査目的の入院ではありませんが、ご本人様の心身の回復、機能維持を図るとともに、ご家族の方にとっても休息の時間を確保できるサービスです。
ショートステイでは難しい医療依存度の高い患者さまも受け入れることができる医療保険の仕組みです。

 
 
 

レスパイトケア における注意事項

ご本人様とご家族様のご理解
レスパイトケアのサービスをご利用されることは、決して後ろ向きな選択肢ではないことを、ご本人様はもちろん、ご家族様もきちんとご理解されることが大切です。そうでなければ、レスパイトケアの本来の目的が満たされません。
 
症状変化の可能性
レスパイトケアをご利用されることで、ご自宅での生活とは環境が変わりますので、体調や精神状態に影響を受ける方も中にはいらっしゃいます。治療や検査等が目的ではございませんが、状況に応じて医療処置等を要することもございます。
 
ご予約が基本
ご本人様の病状・身体機能や認知機能等をしっかりと確認させていただいた上でのサービス提供が基本となるため、事前にご相談等が必要となります。

 
住み慣れた地域やご自宅で暮らしていくためには、介護者であるご家族様も体調的にも精神的にも健康でなければ過ごしていくことはできません。
そのためには、レスパイト入院やショートステイなどをうまく利用することも大切ではないでしょうか。

レスパイトケアは、在宅で療養生活を過ごしておられるご本人様や、ご家族様を支援する力となります。
レスパイトケアは、住み慣れたご自宅、地域で医療や介護のサービスを受けながら過ごしていくことにより、自分らしく生きることにつながる大切な選択肢です。

 
介護者やご家族様が病気になってしまった。
冠婚葬祭、出張、出産、旅行、などで自宅を空けなければならない予定がある。
介護者やご家族様の疲労の困憊。
 
介護者の諸事情等により、一時的に在宅介護が困難になった場合にレスパイト入院で短期的な入院ができます。

在宅を中心とした地域包括ケアシステムでも、「ときどき入院・ほぼ在宅」が掲げられていますように、基本は在宅、それぞれお一人お一人のお住まいが中心です。ただし必要となれば、必要な分だけ医療や介護のサービスを利用する。そして、また在宅で暮らし続ける。国もそんな住まい方を目指して制度整備を進めている中、サービスの一つとしてレスパイトケアがございます。毎日をご自宅で過ごしていくために必要なレスパイトケアのご提案を、安藤外科・整形外科医院は行なっております。
ぜひ、お気軽にお問い合わせご相談ください。0725-22-5515